服によってたたみ方が異なる

>

家事効率を高めるために

半袖のTシャツを折る

Tシャツを、後ろ向きにしてください。
左右の袖の縫い目に沿って、内側に1回折りましょう。
左右の脇を中央に合わせて折り、さらにTシャツの裾を持ち、襟の方向に不2つに折ってください。
そこでTシャツを表に返して、内側に襟が来るよう折ります。
それで半袖のTシャツは綺麗にたためます。
洗濯物を畳むのが、最も面倒に感じていた人がいると思います。

しかしこのように手順は簡単なので、覚えてください。
最初は手順がわからなくなってしまうでしょうから、メモを見ながらたたむと良いでしょう。
写真付きで、開設しているサイトがあります。
それならわかりやすいので、初心者でも理解できます。
練習を重ねると、すばやくたためるようになります。

コンパクトにたたむメリット

洗濯物はなるべく、コンパクトにたたんだ方が良いと言われます。
その理由は、タンスにたくさん入れられるからです。
たたみ方を間違えると、かさばるので服を全て収納できなくなります。
服が入り切らないので新しいタンスを買おうか悩んでいる人がいると思います。
しかし、待ってください。
コンパクトなたたみ方を覚えることで、うまく収納できるようになるかもしれません。

また綺麗に畳むと、シワが付かないという面もメリットです。
綺麗にアイロンを掛けてから、たたんでタンスにしまうと思います。
たたんだ時にシワができると、服を着る前にもう1回アイロンを掛けなければいけないので余計な負担が増えます。
負担を削減するために、シワが付かないたたみ方を知りましょう。


Share