衣類のたたみ方を変えて効率アップ!

服によってたたみ方が異なる

家事効率を高めるために

Tシャツを、たたむ順番が決まっています。 慣れないうちはゆっくりで良いので、順番通りに畳むことを意識してください。 順番を守らないと、汚いたたみ方になってしまいます。 シワが付いてかさばるので、良いことがありません。 何度も練習すれば、うまくたためるようになります。

ズボンを畳むのは少し難しい

厚みが出やすいので、ズボンをたたむのは難しいと言われています。 全体の厚さを均等にするよう、たたみましょう。 またズボンだって、コンパクトにたためます。 たたんだ後はタンスの中で、立てかけて収納しても良いですね。 横に置くよりも、場所を取りません。

靴下を失くさないように

片方が失くなりやすいので、きちんと靴下をたたんで収納してください。 靴下にも、正しいたたみ方があります。 どんな方法でたためば良いのか、具体的に知ってください。 片方を失くして、何度も買い替えたら費用の無駄になります。 お気に入りの靴下を、失くさないでください。

順番通りにたたむこと

なるべく、コンパクトにたたむことを意識しましょう。
大きくたたむと、タンスの中でスペースを取ってしまいます。
すると服を全て収納できなくなってしまうかもしれません。
タンスに入りきらなくて困っている人も、服のたたみ方を変えると収納できるようになるかもしれません。
正しい方法を覚えて、実践してください。
折り目に沿ってたたむことが基本なので、後は順番を覚えましょう。
焦らなくて良いので、ゆっくり実践してください。

ズボンはかさばりやすいので、収納する時に困っていた人が多いでしょう。
お尻の部分が厚くなって、タンスの中でスペースを取ってしまいます。
しかし全体の厚みが均等になるようたたむと、コンパクトになります。
ズボンも正しいたたみ方があるので、実践してください。
厚手のズボンは横にするのではなく、縦にして立てかけるように収納してください。
するとスペースを取らないので、たくさん収納できます。

みなさんは、靴下のたたみ方を知っていますか。
これまで適当にたたんでいた人が多いのではないでしょうか。
しかし適当にたたんでいると、靴下の片方がなくなるというトラブルが起こります。
綺麗にたたむと、失くす心配はありません。
靴下には、様々な長さがあります。
それぞれの長さに合わせて、たたみ方を変えてください。
綺麗にたたむことで、シワができることも防げます。
せっかくアイロンを掛けたのに、収納している時にシワはが付くと苦労が無駄になります。